フォト

らんきんぐ

  • ぽちっと ↓↓↓

ぶろぐ村

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年11月21日 (土)

カラーペンにはまってる

かなり。

叔母からもらったディズニーのカラーペンが凄く良い描き味と発色で、そればっかり使ってます(笑)。

という訳で2作紹介

ロック画面↓
1021201521443

そしてホーム画面↓


10212015214648


こんな感じ。

思い付いたら、また文もあげますのでよろしくお願いします!
連載…かも?

2015年11月20日 (金)

お久しぶりでーす。

ブログ名を「天梃子舞」(てんてこまい)に変更しましたァァ!

考えた文章やらラクガキやらをUP(したりしなかったり)していこうと思っておりますので、今後ともどうぞ御贔屓に!

ヽ(´▽`)/

2015年9月 8日 (火)

不眠不休にて

目に映るものといえば、赤色の木々。そればかりだ。私の眼と知識がおかしくなければ、つまり紅葉。空ではもくもくと雲が魚の鱗をかたどり、高くて青い背景を埋める。

「秋だ…」

思わずつぶやいた。全くもって、信じがたい。

「ああ。さっきまで、“冬”だったのにな」

「実りの季節ですねぇ。此処は」

平然とした少女2人が返事をくれたところで、改めて思う。信じがたいことだ。目の前は、もう秋。秋真っ盛りだ。此処らは年中なんだけどね。

秋だけど秋じゃない。でも、秋。

薩摩芋とか秋刀魚が旬で、栗拾いやどんぐり拾いが楽しい。少年たちがやっている、落ち葉焚きも楽しそうだ。

私の左手に握られた、景色になじまない小型電子機器・ケータイには、「6月19日15時21分雨」と表示されている。多分今、あちら―いわゆる現代―では、あじさいの葉に雨が落ち、かたつむりがその上を散歩していることだろう。

でも、後ろを振り返ると冬の銀世界。前を向くと秋の紅葉。

「私いつか体壊すよ、これ」

「慣れろ」

「竜成は大丈夫でもさぁ…」

「慣れる他、御座いません」

「水花、私は現代っ子なんだよ?」

そう、あっちではこんなふうに、旅先によって季節は変わらないし、あっちではこんなふうに、会う人皆して着物や袴を着てはいない。

 

今私の両隣にいる、赤色の髪の少女と水色の髪の少女2人との出会いやら、旅に出ることになった経緯やらは、思い出すのも一苦労なくらいに大変で、衝撃的で、壮大で。もういっそ、旅の目的と共に忘れたい。

が、赤髪の方は、いつも通り容赦がないようで…。

「鷹柄。秋は、妖も多い」赤い髪で少し隠れた横顔を、ピクリとも動かさず言い放った。

まあ、確かに、秋と妖って漢字似てるけどね。

「美味しい食べ物を求めて、山を下りて参りますので」水色の髪の方も、同じ具合だ。

まあ、確かに、食べ物に加え、あるいは天高く肥えた人を食らいに山を下りて来るかもしれないけどね。

「仕事だな」

「えぇ!?」やめてほしい。

「はい!寝る間も惜しまず、妖怪退治で御座います!」

「えぇ!?」せめて寝る間は惜しんでほしい。

 

ワクワクを隠しきれず、竜成は赤い髪を結わき始める。水花も、水色の長い髪を風に揺らしながら、手早くたすきをかける。

 

今の二人をたしなめるのは、相当難しそうなので、今日もやっぱり、妖怪退治だ。




不眠不休にて、妖怪退治の腕鳴らす






自作小説 「風水火姉妹巫女の大修行」(仮) より、突発的短編

実はプロットすらまともにできていない、カッチコチに凍結中の設定だけした物語だったので、書くの楽しかったりして(笑)

久々真面目にキーボード叩いた結果がこれという…。

話書くのかなり放棄してたからな…。

すいません…。

2014年9月 9日 (火)

秋になります

ええ、秋になります。

新しく買ったPERSONALCOMPUTER(ネイティブ)を「レノボっちゃん」と名付け、ただいま絶賛write中でございます。

風邪っぴき乙((

演劇の区大会でやる作品の役が決まりました。部活のです。私もキャストで出るのですが。
台詞いくつあると思います?

ええ、3つです。

三言です。

というわけで衣装合わせしなきゃ。

2014年5月 4日 (日)

書きたい話が多すぎてきっとこの夏エンストする。

何かが爆発しそうで(笑)

お久しぶりですー。最近はだんだん、自分の昔の作品を振り返る時間が増えてきた私です。
その昔母のブログ、『ゆっきーのなんやかんや』で私の駄作を公に出す機会を作ってもらいました。見返して、「なんちゅう駄作ッッ」と稲妻が落ちました。

(パソコン画面にパンチを入れたくなったのは秘密)

今、停滞中自作小説三作を差し置いて新たにまた四作ほど構想を練って(こっちの方が多いだと)います。
また、先述の“お話”二作(『瞳とルイの恋!?』、『スター*マジック』)も、リベンジマッチと称したファイルに突っ込んでただいまリニューアル中ですので、再度皆様の前に出現することになると思いますが、その時には温かい目で見守ってやってください。

というわけで、またうっすい内容のこんなブログですが(きっと私の中身が薄いせい)これからもよろしくお願いします。

2014年4月18日 (金)

体育なんて糞くらえ

 中学生になって二週間くらい経つんですねー…。
 え、体育ですか?

辛いですが何か←

1、プレイルーム10週
2、ラジオ体操第一
3、腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット10回ずつ
4、馬跳び10回
5、ドッジボール

私の中の何かの細胞が10000くらい壊死しましたが何か。

 はい。いつまでもこんな話というのもあれなので(笑)、ドッジの話をします。
2組と合同なんですけどね、めっちゃ強いっす2組。
でも、ちゃんとうちにだってヒーローがいるんだ…!

高速のボールをすごい音たてて(「バシッ」とか「ガスッ」とか)キャッチする方々が3人ほど…!かっこいいです。
つい叫んでしまったという。

 いやーすごいですね。スポーツ女子ってかっこいいですよね!
文系は文系で可愛いですよね。ミステリアス的な。
文化系は輝くものがありますよね!
…。
え、理系ですか?

心より御尊敬申し上げます。 

はい。それだけです。私は上記のどれにも該当しないわけですが…(笑)
おさらばでーす!

2014年4月 7日 (月)

本読むときの集中力、他に回しなさい!

明日は入学式なのですー。
なので机を整理していたのですが、そうしたら「独白」という昔の綴りが出てきました。スランプ真っ只中なのに勝手に手が動いたそうです(笑

あ、そうだ。ここで二冊、紹介したい本が。
私をスランプから救ってくれた本です。

一冊目、「文学少女インセイン

ボーカロイドというのをご存知でしょうか。
カラスヤサボウさんの曲、鏡音リンが歌う「文学少女インセイン」のノベライズです。
本が大好きな中学生津島文歌が、学校帰りの図書館で、不思議な少年Iと出会い、自分の中の「塔」を旅する物語です。
…って言ってもちんぷんかんぷんだと思いますが…。
とてもいいお話で、私、二回ほど涙しました(笑

二冊目、「化学探偵Mr.キュリー

本屋で出会った推理小説です。
紹介文としては…「大学の准教授沖野晴彦先生が、新人職員舞衣さんと共に大学で起こる不思議な事件を化学的に解決へ導く短編ミステリー」…でしょうかね。
あ、「化学苦手…。」
って方、ご安心ください。
私は化学を知りません。
知らない私が読めましたから…!どんな方でも楽しめると思いますよ。

ちなみに、私はどちらも買ったその日に読み上げました(笑

ではこの辺でおさらばします。
入学式、がんばってきますね。

2014年2月 8日 (土)

果てしなく馬鹿な帰り道

果てしなく馬鹿な少年Y

この前、下校のときに同じクラスの少年と会話をしました。

そしてそれを「漫画なんてクラブでしか描かねぇよ」って私がちょっと気合入れて描いたその

時の情景。

Photo

「この俺に逆らうのか?」

ってかっこいいキャラが言ったらそれなりに様になるのにな!な!

「その台詞はかっこいいキャラの専売特許だコノヤロー!」って叫べばよかった!でもその日

に限ってのどが痛くて声が出なかった!

お願いだからドラ○もん、時の砂出して…!あのド○クエに出てくる時間巻き戻すやつ出し

て…!ちょっと過去行ってYぶん殴って来るわ。

2013年10月25日 (金)

先生の誕生日なのでブログをば。

ハッピーバースデーーーせんせー!

今日はうちの担任の先生の誕生日なのです…!

というわけで、いっちょやってきました誕生会!
三時限目終わってだーーーーーっと教室へ帰り、準備開始。
本当はそのままやりたかったけど土壇場で予定変更。給食前に。

「きたきたきたきた。せんせーきたよーーー!」

つってアーチ作って先生をご招待。
とっても喜んでいただきました。

三組いいな(笑)

2013年9月16日 (月)

延々と続く雲の下、箱の中の世界は。

延々と続く雲の下、箱の中の世界は。

Fzza_003


そこが地獄と、そう言った。

«いまになってなんとなく、きづいたみたいだよ。